<< 福岡城東ライオンズクラブ第899回例会(さつき例会) | メイン | 次期準備理事会・委員長会 >>

趣味の会・城東LC「令和元年・第1回釣り大会」報告記

令和時代に入り、第1回目の釣り大会を5月19日(日)開催致しました。

朝午前5時半に市営能古渡船場に集合し、6時に出港漁場に向かいました。出港時、南西の方角に虹がかかっており本日の大漁の予感?今回世話人の周知が遅く4名のみの大会となりました。

30分ほどで能古島沖、志賀島を望む漁場へ到着、天候は予報では雨ではなかったものの「波高が2.5mだったよ!」と不安げな楠原、中嶋両氏のお言葉。しかし出てみると博多湾内のためか穏やかで多分外海(そとうみ)の北西の風での波高でしょうと私(ちなみのこの日は南東)

仕掛けを入れるや否や、名人中嶋氏が1kg位のスズキ(本当はセイゴ?)を早速釣り上げ、続いて楠原先生が得意の竿釣りでアラカブ(カサゴ)をゲット。児嶋氏と私は景色鑑賞で大型のタンカーが博多湾の入り口で停泊していたのに見入っていました。

そのうち私にもポツポツ釣れ始め、児嶋は微妙な誘いをかけスズキをゲットしてゆきました。

結局、雨に降られることもなく午前11時半に納竿、帰港しました。

釣果はスズキ(セイゴ)15尾、他小鯛3尾、クロダイ2尾、あと根魚のアラカブ、メバル数尾でした。船酔いする者もなく楽しい釣行でした。次回は秋頃に企画してみようかと思っています。多くの方の参加をいただき笑顔を見たいと望んでいるところです。

令和元年5月25日記  世話人:緒方正博

at 2019.06.06 Thursday, 福岡城東LCブログ管理人, 趣味の会・お祝い事

comments(0), trackbacks(0), pookmark

コメントする









trackback
url:http://blog.fuk-joto.com/trackback/1260943